父親のほう

育てる現場で再生産されようとします。

つまり聞く=受容は、の無限の共感的理解であって、聞き入れる
-許容はすべて有限であるについて許容範囲というものがおのずから限定されるわけなので、いかに厳しく取り違えないかが、カウンセリングの最も大事なポイントなのです。
そこを
子どもがあるモノを欲しいと言うとしますね親には親の考えというものがあって、それは許してはならない、としますね。
その時、いかにカウンセリングかあさんであっても、ダメはダメと宣言するのです。
厳密に言えば、ダメなことを、子にしっかりダメと宣告する時、カウンセラーではありませんダメと宣告する瞬間のおかあさんは、まさに、そういう意味でカウンセラーは、親-保護者としての責任の遂行者です。

  • 教育について考えようとするのは大きな意味がある。
  • 両親が手を出さずにあく
  • 先生かつて田舎

子供の先頭を走同時に実践できる役割ではないのです。
である瞬間は、カウンセラー
カウンセラーである瞬間は、
ではありません。
ではありません。
瞬間、瞬間において、になりきったり、カウンセラーになりきる。
その識別、区別が、なにより大事なけじめというものです。
さて、そのけじめがはっきりするのとしないのとでは、親の対応が一八0度違ってくるのです。
それは、ダメ
と言っても、子どもがすぐには納得しない、とします。
すると、子どもはごねたりむずかったりするでしょう。
いやだいやだいやだァ。買ってくれなきゃ、いやだァといったふうに。子どもは泣くものだ。

 

経験から言って

そのむずかりに対して、もはやでなく、カウンセラーになり切ってこう言ってやるのです「欲しい時は、ダメのひと言が納得できないで、そんなふうにむずかる。その気持、分かるよ。
むずかる気持を、乗り越えるのが、おまえにとって、いかに大変か。それも分かる」と。
「分かる?分かるのなら、買ってよ。子どもの気持が分かるのなら、買ってくれなきゃ」
「どうでも買ってほしい時は、分かるなら買えよとか言ってどうでも買わしたい。そういうおまえの気持が、まあ、まったく、親の私にはよく分かる。分かる。胸が痛むほど。
ダメな時には、ダメなんだから、おまえの気持は、ほんとに切ない。がまんする気になるまでは、ほんとにおまえは切ないだろう。その切なさがまったく親の私にもよく分かる」
母親の体が弱って病気になったら結局
子どもをよく抱っこするほど
聞くを通し抜くとは、こういうことですよ。子ががまんしなくて、親もやり切れなくガタガタ言って結局聞き入れるのではダメ。聞く態度で、共にがまんしてやるのです。
子どもは聞く耳
をもっている上手な叱り方、三つのポイント下手な叱り方は、子どもの成長発達を妨げます。
カウンセリングでは、もっぱらよく聞く、ということが大事なのは今まで述べてきたとおりですが、おかあさんがよく子どもの気持を聞いてやるべき時に、よいカウンセラーになってやるのが大事であればあるほど、その前提として、おかあさんが、母親としての大切なけじめを示すべき時にしっかり親の役割を果たさなければならないのです。

 

勉強好きとは見受けられない政治家に色目を使われる

厳しいけじめは厳しく。
そこが大事ですね叱るべきときには叱る。それが親の役割です。
叱るというのは、大事な時に、大事なことを、大事な程度に、ピシリと、ということです。やたらガミガミ言うことではないのですね。罰ではない。
子どもの心へ届けるつまり、緊急事の伝達方法なのです。
だから、大事なことを、叱るという方法によってどこまでしっかり伝達できるかどうか、が問題なのです。

子どもも大げさにあやまる

世間には、まずい叱り方をする親が、実に多いもので、叱っても叱っても、子どもの心に大事な1点が届いていないのに、なおも同じ下手な叱り方で叱っているのを、よく見かけますそれで結局、子どもは平気の平左でいけないことをし通して、親はうんざり。
するともう、叱りはじめから親はヒステリックなのですね。
あるいは、実にもうはじめからいい加減なのですね子どもはもはや自分が叱られているのだとは思わず、
親はいつでも子をいらいら不愉快にして平気なものなのだな,と思うだけになってしまいます。
叱り方のポイントは、まず<1.大事な1点をピシリと叱る>これができなければね。
一点を、です。
ピシリと、です。


子どもは泣くものだ。 教育改革という 教育をアピールした。