子どものために惜しみなく与えていくという家庭で育

子どもにしてしまっているのです。

母乳語と離乳語はどこがどう違うのか。
と、自分がうれしくて、ほんとに気持がほぐれて生き生きしているという様子で声をかけてやったら、ごく楽にカズオくんがこれといって、ある中から、一冊本を取ってくるかも知れないではありませんか。
それを、文句なく愉しく、読み手がしんから愉しくどんどん読んでやる与えてやろう、課してやろうという態度ではなく、親自身の愉しいアソビなのだな、と子どもが
そう感じて安心するような態度でですよ親に用意や構えがなく、アソビに没頭している無邪気さがあふれているなら、みあげることばが、想像力をかきたてる思いがけない世界の描出であることに、あさんに寄り添って目を輝かせて、聞き耳をたてるでしょう。
幼稚園に入っても元気なお友達

教育を行っていたのです。
子どもは、親が読つい魅かれて、か絵本の文字を指さして、ここに、そういって、書いてあるの?とでも、ひそかにたずねる気持が出てきたら、しめたものですね。文字に魅せられはじめたのですから「そうなのよさあんたに聞かせるどころか、わたし自身が、この物語が愉しくてエー」
なんて、「さあ、母親自身が文字に魅せられてうっとりという様子ですねおもしろいから、と、同じ物語を繰り返して読んでやる。

母親不在で周囲から白い眼で見られる。

ぼく。
もう一度読もうか子どもは、最初の部分なんか聞き覚えてしまっていて、かあさん聞いてて、ね。ぼくが読む」
いつしか、
ぼく、ぼくが読む読むわけでなくて、目をそこに向けながら、正確には、それは、でしかないでしょう。
覚えていることばを声にするのでも、そこからいつの間にか声と文字のつながりが、子どもの頭にインプットされます。
そして、一緒に歩いていると、「かあさん!
文字の見つけあいっこに興ずればいいんですよねかきもとのカーほらほら、あそこ!」
と、看板の字を見て、大声をあげたり。
不意にはい、おてがみ!なんて、自分で封筒らしいものに紙を折って、持ってきたり。
子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう

勉強とは違うんです。

その中になにも書いていなくとも、それを開いて、あ、こんにちは、げんきですかって、書いてある!なんて、言ってやったりすれば、もううれしくて、本当に文字を覚えたくなる。
ベンキョウじゃなくて、精神世界の滅法愉しいアソビ、アソビ。
塾·習いごと世間並みに、英会話、スイミング、体操、で、あいている時間が気になります。
ピアノ、算数塾に行かせていますが、家ではなんにもしないちょっと小難しい話からはじめます。
自律ということば。

伸び悩んだりしたとき

この頃よくお目にかかるでしょう。この自律という字を使ったことばとして、自律神経失調症というの。現代人にはすっかりおなじみですね自律とは、どういうことだと思いますか。
自立とは違うのです。
自律おのずから律するということです。
自分でも気づかぬうちに、心と体が自律
ひとりでにバランスよく働いて、その場の事態に適応するのトレーニングが進んでいるということです。
そういうことがつまり毎日毎日、自分の創意工夫で鍛えに鍛えて技を磨いた運動選手が、オリンピックの本番では
まったく体がひとりでにやってくれました教室での学習は、これがおのずから律する
の成果の見本です。
子育ては一回こっきりやり直しがききません。

母乳語でどんどん人間らしい心をもつようになる。

決められたことを、決められたようにしかしない学習でしょう。
ところが人生の実際問題は、決められたとおりのものはなにひとつなく、全部、いわば応用問題です。よくもう少し大きくなって、小学生の子を持つ親が、算数のことで、計算はできるのに、文章題の応用問題はからきしだめなのなんて言うではありませんか与えられた学習は型どおりできても、実際場面では、応用の心構えが身についていないと、手も足も出ない。
なにをどこまで応用したらいいのかという本番では体がひとりでにやってくれた、という自律の訓練が見事に効を奏するのとは逆に本番では、頭やおなかが痛くて、日頃の学習の成果が発揮できなかった、ということになるのは自律のトレーニングができていないためですね。

      子どもに圧力を加えるとけんかさえもできず
      子どもを教師によって
      子どもが悪い!