父親のほう

育てる現場で再生産されようとします。

つまり聞く=受容は、の無限の共感的理解であって、聞き入れる
-許容はすべて有限であるについて許容範囲というものがおのずから限定されるわけなので、いかに厳しく取り違えないかが、カウンセリングの最も大事なポイントなのです。
そこを
子どもがあるモノを欲しいと言うとしますね親には親の考えというものがあって、それは許してはならない、としますね。
その時、いかにカウンセリングかあさんであっても、ダメはダメと宣言するのです。
厳密に言えば、ダメなことを、子にしっかりダメと宣告する時、カウンセラーではありませんダメと宣告する瞬間のおかあさんは、まさに、そういう意味でカウンセラーは、親-保護者としての責任の遂行者です。

  • 教育について考えようとするのは大きな意味がある。
  • 両親が手を出さずにあく
  • 先生かつて田舎

子供の先頭を走同時に実践できる役割ではないのです。
である瞬間は、カウンセラー
カウンセラーである瞬間は、
ではありません。
ではありません。
瞬間、瞬間において、になりきったり、カウンセラーになりきる。
その識別、区別が、なにより大事なけじめというものです。
さて、そのけじめがはっきりするのとしないのとでは、親の対応が一八0度違ってくるのです。
それは、ダメ
と言っても、子どもがすぐには納得しない、とします。
すると、子どもはごねたりむずかったりするでしょう。
いやだいやだいやだァ。買ってくれなきゃ、いやだァといったふうに。子どもは泣くものだ。

 

経験から言って

そのむずかりに対して、もはやでなく、カウンセラーになり切ってこう言ってやるのです「欲しい時は、ダメのひと言が納得できないで、そんなふうにむずかる。その気持、分かるよ。
むずかる気持を、乗り越えるのが、おまえにとって、いかに大変か。それも分かる」と。
「分かる?分かるのなら、買ってよ。子どもの気持が分かるのなら、買ってくれなきゃ」
「どうでも買ってほしい時は、分かるなら買えよとか言ってどうでも買わしたい。そういうおまえの気持が、まあ、まったく、親の私にはよく分かる。分かる。胸が痛むほど。
ダメな時には、ダメなんだから、おまえの気持は、ほんとに切ない。がまんする気になるまでは、ほんとにおまえは切ないだろう。その切なさがまったく親の私にもよく分かる」
母親の体が弱って病気になったら結局
子どもをよく抱っこするほど
聞くを通し抜くとは、こういうことですよ。子ががまんしなくて、親もやり切れなくガタガタ言って結局聞き入れるのではダメ。聞く態度で、共にがまんしてやるのです。
子どもは聞く耳
をもっている上手な叱り方、三つのポイント下手な叱り方は、子どもの成長発達を妨げます。
カウンセリングでは、もっぱらよく聞く、ということが大事なのは今まで述べてきたとおりですが、おかあさんがよく子どもの気持を聞いてやるべき時に、よいカウンセラーになってやるのが大事であればあるほど、その前提として、おかあさんが、母親としての大切なけじめを示すべき時にしっかり親の役割を果たさなければならないのです。

 

勉強好きとは見受けられない政治家に色目を使われる

厳しいけじめは厳しく。
そこが大事ですね叱るべきときには叱る。それが親の役割です。
叱るというのは、大事な時に、大事なことを、大事な程度に、ピシリと、ということです。やたらガミガミ言うことではないのですね。罰ではない。
子どもの心へ届けるつまり、緊急事の伝達方法なのです。
だから、大事なことを、叱るという方法によってどこまでしっかり伝達できるかどうか、が問題なのです。

子どもも大げさにあやまる

世間には、まずい叱り方をする親が、実に多いもので、叱っても叱っても、子どもの心に大事な1点が届いていないのに、なおも同じ下手な叱り方で叱っているのを、よく見かけますそれで結局、子どもは平気の平左でいけないことをし通して、親はうんざり。
するともう、叱りはじめから親はヒステリックなのですね。
あるいは、実にもうはじめからいい加減なのですね子どもはもはや自分が叱られているのだとは思わず、
親はいつでも子をいらいら不愉快にして平気なものなのだな,と思うだけになってしまいます。
叱り方のポイントは、まず<1.大事な1点をピシリと叱る>これができなければね。
一点を、です。
ピシリと、です。


子どもは泣くものだ。 教育改革という 教育をアピールした。

子どもが要求するからやるという感じ

子どもが自然にそういう姿勢をとるよう

育てている方数名にお話を伺いました。
火の量によって、風圧で消すことになるか、風が酸素を送り込むことになるか。こちらの同じ動作が、まったく違った働きをもたらすわけです。
子どもとの関係のあり方によって、大人の同じような言い方でも、それで気持がおさまることになるか、かえって気持をあおることになるかの違いが出てくるのですよ。
平生から、自分の気持がよく分かってくれている、と子ども自身が納得できる人から何かを言われたら、文句なく言われたことの意味を分かってみようと、知らず知らずのうちに子どもの心が動きますね逆に、平生から、自分の気持なんかちっとも察してくれない人から、
だからこそ、それでいっも気持がむしゃくしゃして、そのうっぷんを、弱い者いじめでもして晴らす気になってしまっているわけで、そんな大人から何かを言われたら、反射的に言われたことへの反発が生じてしまい、文句なしに、言われたことなどまるで分かってやるものかという、知らず知らずのうちのつっぱり心が芽生えてしまいます。
子供のほうがそのままエスカレートしてしまう

子供たちを待っているたまたま私の親戚
いじめてはいけないと言われて、ああそうだと気づくか、それとも、だれがつげ口をしたのかよーし、それをつきとめてとっちめてやろうと心がはやるか。その違いですね。
おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうにまずなによりも、分かってくれているな、と子どもが納得している人から言われることばは、子どもの心に届くということです。逆に分かってくれていないと思い込んでしまっている相手からであれば、なにを言われても、大人の言うことばが、子どものカラをかぶった心を、カラごとっっ突くだけで、かえって突き押して心をよそに遠ざけてしまうばかりになりますだから、分かってくれている、と子どもが思っていなければならない。

子どもがいるのです。

メンツなにが分かってやれていないとだめなのか、と言いますとね。
自尊心がある、面子をつぶされたくない、ということを分かってもらいたいのですよ。
一寸の虫にも五分の魂。
子どもだって、大人だって、人格尊重の原理は同じです。
だから、つまり、大人の子どもをたしなめることばが、それを聞かされている子どもにとって
なんだ。ちっともぼくの気持なんか分かってくれていないじゃないか!自分ばかりひどく言われて!でも、ぼく、どうしてだか、やめられないんだ。見えないところでしてやれば、分からないから、叱られないですむさー分からないうちにしてしまえば、こっちの勝ちさ!エヘヘへC、と思うようなことばであれば、ダメだということです。
こんなふうに言ってやったら、まさにそう思うでしょう。

いつまでも、弱い者いじめばかりしてたら、暗いお部屋へ1人だけ放り込んでしまうよ。
開けられないんだから!もうしない、とさっき約束したでしょ。悪いんだからねえ!
母親にはとくに忠告しておきたいことです

子供と接する時間

絶対に逆に、こう言ってやれば?

なんでか、こうなってしまうみたい。しちゃいけない、ということは、ヨウスケもよく分かっているのに、ねえ。マサシくんばっかり気になるみたいマサシくんに、もっと気ばって相手になってもらいたいのだろう、と思う。でも、マサシくんは、ヨウスケに比べると、少しおとなしいからね。そして、今まで、マサシくんばかり、かばいすぎたからね、まわりの大人が、ねよーし。これ一緒に片づけようか。力のあるヨウスケが、私をしっかり手伝うのだよ。
い?いいかい?そらそら、この反対のほうを持って。そうそういいか思いがけずしてしまったことの残念さを、よく分かる、と充分に表現して、大人の仲間にしてしまう。ヘラヘラ笑って、隠れたところで、いじわるをする、というつまらない陰険さは、そういうやり方で自尊心をたててくれるなら、いつしかなくなってしまうでしょう。

先生が京子ちゃんのクラスにやってきました。

これだけたくさんのことばを実際に言わずとも、こういう気持をしっかりおなかの中で燃やしたてながら、実際のことばはたったのひと言やめなさいでもいいのです。
いじめている現場を見つけた時は、とっさにだめェーの制止でいいですよね。ことばでは言わずとも、おなかの中の思いがどっち向きかは、子どもにもよく伝わるものでして、ねえ。
集団はずれ決められたことをみんなで一緒にするのが、いやなのです。
なにしろ親も自発性を大事にしてきたものですから。
自分ひとりで勝手に遊んでいるそうです。
親が子どもの自発性を大事にしてきた、ということは、うようにさせてきた、ということでしょうか。
つまり、家では子どもの思うことを思たとえ、家族という少人数でも、人間が複数でいる限り、一つの社会ですからねえ。
するといっても、そこには限度というものが、やはりいろいろとあったはずですよ。
しつけはともすれば

子どもにしてやれる

思うように第一、人間関係だけに限らず、私達はまぎれもなくこの地上に住んでいるのですから、学的にいろんな制約とか約束とかの限度の中で暮らしているのでしてね物理的化だから、ひとりの人間の自由·自発というものも、思いついたまま思いついた形でやり通すわけにはいかず、おのずから、制限もやむなし、といったところが現実の生活というものです。
早い話、子どもがワラに火のついたものを、おもしろいから振り回したい。そうしたいからそうするまでだといっても、あちこちに火が燃え移って、おしまいに家が火事で燃え上がっても、子どもの自発性は大事だから、しかたのなかったことだとは言っておれないわけですだから、この世に生きている限り、自発は大事だし、制限制約もまた大事だということですね矛盾していますよね。

      子どももことばで表現してやる。
      いじめようと思ってやってることではない
      子ども時代だけでなく