しつけはともすれば

成績が悪いという

この三つが、今即座にとは言わない、子どもが二十歳、成人するまでに、しっかり身についてぃればいいと思っているのです。
これからの長い道程で達成すべきことです。
人間、悪い癖も、よいしつけも、いったん身についたものは、なかなかとれないもので、ずとも自然にそうなってしまう習性は、暮らしの基本型をつくります。
気づかつまり、身についたものは、よくも悪くも、自律神経系の働きに組み入れられてしまっているわけで、いちいち頭で考えたり判断することなく、その時、その場、その状況で、反射的に、自律機能がするべきことをしてしまうのですねつい、こんなふうにしてしまいがちですが眠り足りないのに、夜は遅くまで寝ないという習性ができると、幼い子どもの場合は、の心と体の動きが大切なところで、大切なだけしっかり維持できないでしょう。

特に昼間注意力散漫になって、不機嫌になって、刺激の強いものにだけしか反応しない神経になって、張と、怒りやすい、いらだちやすい情緒の不安定が顕著になる一方ですね緊まあ、とにかく、夜は早くやすませなければなりませんさて、どういうふうに工夫したら、実際に早く寝つかせることができるか。
それぞれ、これは家庭の事情が違うでしょう。
農村地帯では文句なしに、家族全員が夕食後にはもう真夜中という感覚で、幼い子は七時に寝る中学生は、勉強でやむなく遅いけれど、それでも十時。
という生活が、いまだに珍しくないようですね。

いじめや偏見を助長するシーン


父親と一緒になって食物を得るために汗を流

お年寄りはその中間の八時には必ず就寝いやいや、昔は農村といってもこの頃はおしなべて兼業農家、という近郊農村なら、今はまったく都会風俗と変わりない。むしろ、遠距離の通勤で、親の帰宅が深夜になるために、家族みんなが顔を合わせるのは、夜の十一時、ということになって、幼い子どもが、大人の刺激からはずれられるほどにも、家が広くもなく、みんな起きているのが常識になっている。
そういう現実がありすぎるのですよね今、子どもに、いわゆる心身症がふえている。
登校拒否がふえている。
そういうのも背景に、生活上の基本的な健康の条件が大幅に壊れているからなのですね。
と繰り返しているのでは、口先だけで、子どもは寝なさい!

子どもはそのことをよく知っているのです。


の習性を強めるだけですね聞き流して平気、という子どもおかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに幼児が寝る時間は、七時とか、八時とかに、まずきちんと決めなければならないですね
決めた以上は、その時間になると、大人も子どものまわりを、なんとか動きのない安静なものにしてやる配慮がいりますね。テレビもせめて半時間、一時間は消して、大人も見ないでいてやるとか。寝ついてしまうまでの配慮は、いりますね。
そうすると、夜遅く帰ってくるおとうさんと、まったく顔を合わせることができなくなるということなら、金曜とか土曜とかは、遅くまで起きて、その代わり、日曜は十時過ぎまで寝かせておくとか。そんなきまりをつくってやることですね。


学校に本を持ってきてくれました。

母親と語ることを通じて彼女の生活を見ていくうち

なにかでつい遅くまで起きてしまった翌朝は、いつもどおりに七時にはどうでも起こすなどと力まずに、幼稚園か保育園へのでかける準備はできる限り、親が手伝ってしまおうと割り切ってぎりぎりまで眠らせてやりなさいよ。さらに、起こし方の問題です。
早く起きなさい!と呼びかける呼び声ひとつでも、遠くからいらいらした声をかけるのではなく、さっさと近づいてやって、明るくきびきび声をかけてもらえれば、子どももはっきりした動きがはじめられやすいでしょう。
とにかく、なにごとにつけても、臨機応変、それぞれの家庭のやむを得ない事情を生かせるだけ生かして、お互いの配慮をどう工夫するか、気の遣いよう、心のくだきょうですからね。

子育てをしているつもりはなかったのです


幼稚園でそそうをする。

とかく、絵に描いたよぅな理想的な育児とか教育とかに、形だけはめ込もうとしたり、それがだめなら、もう投げやりになにもかも行きあたりばったり、という両極端になりやすいものです。
それはつまり、何度も繰り返すように、過保護の出発か、放任の出発かになるわけで、だめ。まず自分たちの暮らしの現実があって、どんなバランスで工夫を凝らすかです。
どちらもせめて、どうして起きないの!幼稚園行かないの!と投げやりな声を立てないことにして、眠いのに起きなきゃならないの辛いねえ!ヒロシ、さ、起きなさい!と闊達に。
いたずら好き先生などこわくないようです。いたずらが過ぎます。
ないそうで、親が叱られどおしです叱ると余計に目にあまることをしてどうしようもめりはりのきいた、習慣ですよねえ。指導してくれる

  • 教育勅語を思い起こすよう
  • 子どもの心が開く。
  • 子ども一人ひとりによってずいぶん個人差の激しい


指導してくれる しつけてほしいとおっしゃ 両親をはじめとする大人たちの話です。