telme のすべての投稿

子どものために惜しみなく与えていくという家庭で育

子どもにしてしまっているのです。

母乳語と離乳語はどこがどう違うのか。
と、自分がうれしくて、ほんとに気持がほぐれて生き生きしているという様子で声をかけてやったら、ごく楽にカズオくんがこれといって、ある中から、一冊本を取ってくるかも知れないではありませんか。
それを、文句なく愉しく、読み手がしんから愉しくどんどん読んでやる与えてやろう、課してやろうという態度ではなく、親自身の愉しいアソビなのだな、と子どもが
そう感じて安心するような態度でですよ親に用意や構えがなく、アソビに没頭している無邪気さがあふれているなら、みあげることばが、想像力をかきたてる思いがけない世界の描出であることに、あさんに寄り添って目を輝かせて、聞き耳をたてるでしょう。
幼稚園に入っても元気なお友達

教育を行っていたのです。
子どもは、親が読つい魅かれて、か絵本の文字を指さして、ここに、そういって、書いてあるの?とでも、ひそかにたずねる気持が出てきたら、しめたものですね。文字に魅せられはじめたのですから「そうなのよさあんたに聞かせるどころか、わたし自身が、この物語が愉しくてエー」
なんて、「さあ、母親自身が文字に魅せられてうっとりという様子ですねおもしろいから、と、同じ物語を繰り返して読んでやる。

母親不在で周囲から白い眼で見られる。

ぼく。
もう一度読もうか子どもは、最初の部分なんか聞き覚えてしまっていて、かあさん聞いてて、ね。ぼくが読む」
いつしか、
ぼく、ぼくが読む読むわけでなくて、目をそこに向けながら、正確には、それは、でしかないでしょう。
覚えていることばを声にするのでも、そこからいつの間にか声と文字のつながりが、子どもの頭にインプットされます。
そして、一緒に歩いていると、「かあさん!
文字の見つけあいっこに興ずればいいんですよねかきもとのカーほらほら、あそこ!」
と、看板の字を見て、大声をあげたり。
不意にはい、おてがみ!なんて、自分で封筒らしいものに紙を折って、持ってきたり。
子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう

勉強とは違うんです。

その中になにも書いていなくとも、それを開いて、あ、こんにちは、げんきですかって、書いてある!なんて、言ってやったりすれば、もううれしくて、本当に文字を覚えたくなる。
ベンキョウじゃなくて、精神世界の滅法愉しいアソビ、アソビ。
塾·習いごと世間並みに、英会話、スイミング、体操、で、あいている時間が気になります。
ピアノ、算数塾に行かせていますが、家ではなんにもしないちょっと小難しい話からはじめます。
自律ということば。

伸び悩んだりしたとき

この頃よくお目にかかるでしょう。この自律という字を使ったことばとして、自律神経失調症というの。現代人にはすっかりおなじみですね自律とは、どういうことだと思いますか。
自立とは違うのです。
自律おのずから律するということです。
自分でも気づかぬうちに、心と体が自律
ひとりでにバランスよく働いて、その場の事態に適応するのトレーニングが進んでいるということです。
そういうことがつまり毎日毎日、自分の創意工夫で鍛えに鍛えて技を磨いた運動選手が、オリンピックの本番では
まったく体がひとりでにやってくれました教室での学習は、これがおのずから律する
の成果の見本です。
子育ては一回こっきりやり直しがききません。

母乳語でどんどん人間らしい心をもつようになる。

決められたことを、決められたようにしかしない学習でしょう。
ところが人生の実際問題は、決められたとおりのものはなにひとつなく、全部、いわば応用問題です。よくもう少し大きくなって、小学生の子を持つ親が、算数のことで、計算はできるのに、文章題の応用問題はからきしだめなのなんて言うではありませんか与えられた学習は型どおりできても、実際場面では、応用の心構えが身についていないと、手も足も出ない。
なにをどこまで応用したらいいのかという本番では体がひとりでにやってくれた、という自律の訓練が見事に効を奏するのとは逆に本番では、頭やおなかが痛くて、日頃の学習の成果が発揮できなかった、ということになるのは自律のトレーニングができていないためですね。

      子どもに圧力を加えるとけんかさえもできず
      子どもを教師によって
      子どもが悪い!

教育をアピールした。

子どもは敏感です

子どものことをさんざん話している
つい、こんなふうにしてしまいがちですがいろんな学習の教室に行かせていても、家ではなんにもしない、ということで、だからあいている時間を、もっといろんな学習で埋めていかないともったいない、というお話ですが、これはちょっと寒気がしますね。
ピノキオは、人形がほんとの人間になりたがっている話なのに、これは、の人間であるわが子を、ピノキオにしたがっているように見えます言ってみれば、ほんとこの頃、子どもにまで自律神経失調という状況が多く見られるのは、操られたときにだけ動く人形が、不意に自分で動けといわれて、手も足も出ない、という、たとえてみればそういうことなんですね。こういう時にはこうしなさいああいう時にはああしなさい、と教えられていても、実際場面ではまずもって、今がこういう時なのか、ああいう時なのかの判別がつかない。動きがとうのが、自律
の买調
なわけです。
学習塾にはいろいろ行って、あとは時間があいていてもなにもしないというのは、決められたことを決められたとおりにしなさいと言われた時だけ、手足を、いわば先生にあずけて、先生の思いどおりに動かさせてあげているのだ。
子どものために惜しみなく与えていくという家庭で育

母さんたちに本当
その時以外なんにもしない、というピノキオになってしまっているのではありませんか。
今どきの子育ては、競ってそんな子をつくっている、というふしがありますねおかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうにむしろ、おけいこや教室の数はもっとへらして、子どもに自由な遊びの無限の愉しさを、発見させてやりなさいよ。
自律の最高のトレーニングはねえ。子ども同士、自由な遊びを展開して、われを忘れて夢中に
なることですみんながうまく参加できるゲームな就学前後の幼児なら、どはできないでしょう。
まだまだ工夫のできない年頃だから、でも、思いつきでみんなで、なにかやってるんですよねえ、遊びに慣れた子どもたちは。

勉強をライフワークにしようと思い立ったのです

すぐ喧嘩になる。すぐなにかの取り合いになる。
押したの押さないの。突いたの突かないの。わあわあわめいて、ひとりが泣いて。
そういう時に、かたわらの大人が、行司役になって中に分け入って、正邪のさばきをつけてやるみんながそれぞれ分かるように、のではなくて、それぞれの言い分や全体の成り行きを、やると、たちまち明るい納得が生じてきて
いいよいいよいいよ。もいちどもいちど確認してなんて、だれが言うともなく、もういちど遊びに没頭していくんですね。
出たとこ勝負だれがどう出るか、あらかじめ予測などつくはずもない。
その時、その場で、等分に計算してか自分だけ生かすのでは相手が不満対立を防ぐには、自分のことも相手のことも、からねばならない。
先生がまわりの生徒

大学病院に勤めてい

とっさの感覚で事を処していく。
みんなで遊ぶということは、自由な人間関係における最高の自律性のトレーニングなのです。
大人に見守られてハイ、こうして、ああして。ハイできたね。よろしいという対応からでは、到底学びとることのできないものが、そこにはあふれていますなにをしていいのか分からない
なにをしても、つまらないこういう言い方がつい出てくるような育ち方は、あとあと大変ですね。

父親と子の関係について

さあ見ててごらん。
一見、大人が見ていて、なんのことだか分からない。そんなことでも、なにかごとごと、ごそごそやり始めることがあるなら、そこからが自由のはじまり。
自由な時間を与えなさい。
保育園·幼稚園·小学校
登園拒否保育園の門まではなんとか連れていけるのですが、そこでに入れません。先生方もやさしく言ってくださるのに。
いや!
と私にかじりついてしまってなかこういう状態で困るのは、保育園や幼稚園で、新入園時に、決して珍しくないことですね慣れない場所で、慣れない人の群れにまじわることの不安と緊張なんでもない子には、なんでもないのですがねえ。
でも、なんでもなく慣れていく子を基準にして、それと比較して特別な子だ、問題がある、とは考えてやりなさんな。
単に、これまでの生活との、違いが大きいだけなのですよつい、こんなふうにしてしまいがちですがどうでもこうでも、子どもを園において帰らなければならぬと考えて、子どもの気持が今どうであるかを思いやるゆとりなど消し飛んでいるおかあさんが多いのですね、こういう場合。
母がもうひとつ偉かったと思う

子どもの心には親

子どもは必死なんだから、その必死さを受けとめてやらなければならないのに、母親が、まわりの他人にばかり気を遣って、自分の恥ずかしさややりきれなさをとりつくろうことにだけ、夢中になっている。
「もう、ほんとに、どうしてこうなの?みんな笑って見ているよ、ヨウコ。ほほほ、どうしてこの子だけがこうなんでしょう。ママ、困ってしまうわよ。
なにもこの園にこわい人なんかいないのよ。
センセーみんなやさしいでしょ。
ねえ、ヨーコヨーコったら」

いやー、いやー、帰る。
いや!
子ども心に、これは子ども自身がことばで説明する力など到底ないものの、なんだか親が自分から離れてしまっていると思うのです。

      教育ではなくなりつつある
      子どものころに皮膚感覚への刺激が不足している
      子どもだけの特権と言ってもいいでしょう。

高校そしてできれば

子どもを育み大人になることへの憧

勉強以外のところへ関心を向ける。
他人にばかり気を遣って、自分の必死の心の動きを、おかあさんはこれっぽっちも受けとめてくれない。他人に愛想笑いばかりして、自分をもてあそんでいると、思っちゃうのです。
家にいる時のおかあさんと、おかあさんが違っている。別人だ!と、そうまで思ってしまっているのかも知れないのですよ。
おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに通すべきスジはちゃんと通す。
ただし、それについて子どもの思いがどうであるかを、しっかりはっきり分かってやる。子どものうろたえや辛さをひしととらえながら、スジを通す。
カウンセリング的な受容で子どもを支えるやり方になるのです。
それが、それとは反対に、子どもの思いをつい無視してしまって、大人の側のスジを気軽に通せると思っている。子どもの反発でめげて、スジが通せない。スジを通させず、辛いことから逃げて、そのいっときは子どももよかったとは思うものの、一段上の発達へと上がっていけないから、スジを通さない親を、なんとなく信頼しづらい気持が、幼い子どもの心にもやがて生じてくる。
子供とは違いますよ。

先生の勢いのある声を聞く
親も、スジを通そうとすると反発する子どもに負けて、子どもの逃げを許しはするものの、決してそれでよしと、子どもを認めたわけではない。結局、段階を上がっていくことができないのが気になって、親は子どもにうっとうしい気持をぶちあてるばかりになる。
親も子も、けじめのつかぬ不機嫌さと、逃げの習性をもてあましている……。
そんなふうになってしまうと、気持の突破口を見つけるのが大変ですねだから、園に向かう日の朝の最初から、親にしっかりハラ構えが大事ですね。
親がしっかりしっとり、ことば数は少なくてよい。そして明るく、です。

母親を思い出す。

それと反対なのが、口数多く、気軽さを強調しながら、親のハラハラ気にしているのが子どもにも見え見えという態度か、あるいは、なんでもどうでも気にすることなんか、考えもつかないとい
う、子どもの気持完全無視型です。
朝から、子どもがだらだらでれでれしているのは、それはどちらもダメなのですよ親がそれを口先ではとがめながら、体全体の気迫としてだらだらでれでれを、きっぱり拒絶しているのではないからですね。
不安や緊張が先に立って、はかばかしく体を動かす気になっていない子には、さっさと、手を取って、体によく触れてやりながら、さっと腕をのばさせ、シャツを通させる。有無を言わさぬてきばきの態度がちゃんと一貫していなければ、親は子どものペースにのまれますね。
親の手足が、しゃんしゃんと意の達した動きで、事を片づけていく。その容赦のない働きに、どもが文句なく影響されていく。そういう朝からの動きが、しゃんとしていなければ。
「さあ、シャツよ。着るのよ。いらっしゃい。足があるんでしょ、ヨーコ。さあ早く早く」
子などと、口先ばかりで子どもをとがめながら、リも、親の腰の重さに同調するばかりです。
子どもは泣くものだ。

先生のお話

自分の腰が重いのでは、子どもはとがめをきくよなんでも自分でさせなければ、といったって、しない子にしなさいしなさいを繰り返していたのでは、聞き流す習性ができるだけですから、そうも言ってられないとなれば、さっさと、親が手を出し、力を添えて、園に行くための手順を、てきぱきそろえていく。そういう朝の最初からのみずみずしい流れというものが、子どものハラ構えを誘いだすのですよ。
園に連れていく時、おかあさんは、今日も泣いていやがったらどうしよう、困ったわと、心の中で思わずに、今日も泣くだろう。わめくだろう。だって慣れるまで、そうは簡単に気持がととのわないもの。その切なさを、黙ってしっかり、共有してやろう。

子どもに協力してもらいやすくなります。

黙ってしっかり、まつわる手を握りかえしてやりながら、辛さの共有の中で、しっかり別れようとハラに力をこめ、真剣に小さな手を握って、出かけていきなさい。
子どももしっかり、なすべきことを前に見て、気持をひきしめ、園に入れるものですよ。
いじめる子うちの子が、マサシくんばかりをいじめるそうです。ものをとったり、突いたり倒したり。叱ってもヘラヘラ笑ってるそうです。
つくっているものを壊したり。

どうしていじめるのよ。
弱い者いじめをしてはだめじゃないのさまあどんな親でも口にするようなこんなたしなめ方をして、きくようなら、それでよし。
いくらそうたしなめても効果がない時が、困るのですねいじめの問題が、もっと大きな子、小学生、中学生の深刻な問題として、これまで世間で随分取り沙汰されてきましたね。
父親のほう

両親が憎み合い

基本的には、小·中学生でも、じ叱り方を繰り返したら、むしろ逆効果なのですよ幼児でも同じで、ききもしないのに、同つい、こんなふうにしてしまいがちですがたとえば、マッチの火やローソクの灯なら、吹けば消えますねそれで、火は吹けば消せると思ってしまって、たき火の燃え残りを吹いたり、新聞紙についた火を吹けば、消すつもりでも、逆に、燃えさかりますよ。
ね。
効果がない。むしろ逆効果なのに、同じやり方を強めるばかりでは、問題を大きくするばかりになってしまいます問題を解決するどころか下手なふきんのかけ方で、一箇所の汚れを、頑張ってテーブル全体の汚れにしてしまう。
ふうでは、熱心に頑張ったことが、逆に悪い結果を招いてしまうわけです。
そんな火を吹き消すか、吹いたら火がおこるかの違いは、もとの火種の程度と、送る空気の量との関係ですね。

      子どもだけだと忘れてしまうことがある
      育てられる環境作りを心掛けてください。
      子供のお尻をたたいて進学させるいい

大学進学の意欲はまったく

子どもから反抗されたとき

これは買わないほうがいいと思うものを、子にねだられてつい買ってしまって、これはよくないなと親が教育上、あるいは経済上考えたのなら、ねだられて買ってしまった親自身が×なのだし、押し切って無理を通した子も×だ、ととらえるわけです。
私たち一緒にだったね!
と、親子が認めあわざるを得ない共感が、明日へのよい道を一緒に探っていく意欲のもとにもなるわけです。これが、つまり自由と平等の民主社会の原点ですよ聞く
=受容カウンセリングとは、聞き入れる=許容の違いが、厳しいけじめの上に立って、お分かりでしょうか。
やさしい配慮が届くやり方なのです。

責任は親にある干渉の芽生え子育てにおいては、親の、構い過ぎがよくない、とはよく言われることです。
構い過ぎ、つまり過保護ですね。干渉ですね。これは確かによくない。

  • 子供を信ずることこそ大切です。
  • 子どものころ
  • 子どもを生んだという新しい

子どもに期待したりすることが多くその結果構い過ぎ,過保護,干渉はよくないのに、それはまた、あまりにも言われていることなのに、気づいたら、そうするつもりでなくいつしかそうなっている、ということのなんと多いこと。
過保護,干渉の芽生えは、厳密に言えば、つまり次のような場面ですでにはじまっています。
子どもが、いつまでも機嫌を直さずに、ビービー泣いている、なんていう時に、ですよ。
じれったいな、と思った母親が、よく、
泣きやみなさい!
と、わが子を叱りますよ、ね一度叱って、泣く子の泣く気勢がおさまっていくのなら、それはそれでいいですよピシリと親のひと言は大事ですからね。
ところが泣きやみなさい!
効果があらわれないどころか、と叱っても、効果が一向にあらわれない時があります。
むしろ、逆効果になる時が多いのですね。
「泣きやみなさいというのに、どうしていつまでも泣くのよォ。
泣きやみなさいツ」先生がまわりの生徒

 

父親になるだろう

いらだった親の叱責が、むしろ効果音というか、伴奏音楽になって、くりあげ、声を張りあげて、いよいようえーん
子は逆に勢いを増し、しゃ実は、人間の感情というものは、命じられるままにどうにでもなるというものではありません。
子ども自身にだってどうにもならない時は、親のさしでがましい命令に応じられるものではないわけです。
応じられないでいるのに、親がひとつの方向で、構わず、もっと構いたてる。
これが、すでに、過保護とか干渉の芽生えなのだ、押してだめなら、引いてみなと言うでしょう。
母さん自身あまり人づきあいが得意ではないのです。
子供とできない
と気づくべきなのですよ多くの親のしていることを見ていると、押してだめなら、もっと押せとばかりに効果のないことに頑張って、自分もいらだち、子もいらだち、ますますやり切れない状態をつくりだしてしまうことが多いですね。それらが、つまり、過保護に通じていく親のやり方なのですね放任の芽生えどう言っても泣きやまない子どもに、何度も何度も
泣きやみなさい泣きやまなかったら、もうどこへも連れていかないわよ

どうして泣きやまないのよさと言い尽くした挙句、もう、これはどうしようもないと、いわば匙を投げた親は、いかにもそっけなく、「それじゃもう、そうやって泣きたいだけ泣いときなさいよ。知らないからもう」
一転してなんて、言い捨てる。これがまた普通によく見られる光景ですよね。
「もう一切、構ってやらないからね。知らない知らない。もう知らない。
泣きたいだけ泣いたらいいじゃない。泣きなさいよ、いつまでもそうやって」
と、親がふてくされて。

 

父親の対応は芸術的でさえある

泣きたいだけ泣いたらいい、と言われたって、ほんとのところは、なにも泣きたいという願いそのものがあるわけじゃない。
放置
こんなふうに、子どもを、いわゆるリととらえるべきなのですよ。
知らないからねッ

どうにでもなれ
つき放すのは、すでにこれが放任
のはじま

おまえの勝手でしょ!
……放任の宣言ですよ、これらはみんな。
過保護,干渉と、放任·放置はいけないのだとは、よくよく言われていることなのに、過保護をやめようとなったら、たちまち放任になり、放任にもならぬ、放任をやめるとなったら、過保護になる。
過保護にもならず、適正な親のもっていき方というものが大切です。

子どもの興味や夢がふくらんでいくでしょう。

受容することの大切さ子ども自身、自分の気持がままならない時に、親にやたらこうしなさいああしなさいと言われたって、それに応ずるわけにはいかない。
まず、平らかな心のゆとりを生ずるように、もっていってやらねばならないわけです。
子どもは、いくら泣きやまないからといっても、なにも泣きたいという願いそのものがあるから泣いているのではないのです。
泣くよりは、元気に明るくしているほうが、そりゃいいに決まっているのです。
だから、こういう子には、まず、親が落ち着いて、しっかり、泣きたくもないだろうにと思ってやるのが一番自然な気持のとらえ方だと思います。


先生がまわりの生徒 子育ては一回こっきりやり直しがききません。 幼稚園に入っても元気なお友達