「コーチング」カテゴリーアーカイブ

子供とは違いますよ。

両親も対策を立てる必要があると思います。

父親を再生産することにつ
と、まあ、こんなにたくさんのことばを、実際にその時々にことばにできるわけでもないので
心の中で、そう叫んでいてやる。心の中の思いは、母親の横顔ににじんで出ますよ。
なによ、キヨタケ。得々としてママを見るけど、たった五分やっただけじゃないの!そういうものは、最低十分ぐらいは、持続力がなければだめということよ!あなたもう五歳なんだから、五歳児の平均以上にはいっててよ!だめねえ!と、実際には口にしなくても、そういう不満を悶々とおなかの中で持っていたら、母親の体からその不満があらわれ出していますからね。
教育をアピールした。

子供は大人が思うほどひ弱ではなく
子どもは動物的直感で心を読みとるものですよ。
ベンキョウとかアソビとかの区別を、親の態度で示し過ぎなさんな。

なにかに精いっぱい力をそそぐことのできる人間を、世の中は、決して見捨てはしないさわやかな口ぐせで、さっさとおかあさんも、そう言って、問い詰めない顔をして、子どものうなずきなどを強要せずに、子どもに背を向けて、なにかに熱中しなさいよ。
子どもは、おかあさんの背中に向かって、うなずいていますよ。
この先、いわゆる学校のベンキョウに、成果が出ないようであれば、その時はその時。
学校の成績だけよくて、世間もうらやむエリートコースを歩きながら、自分の社会性の欠如にすっかり自信をなくし、気落ちだけの人生からはずれるわけにはいかない人って、いるものですよ。
そういう人って、結婚したとしても、子どもができたとしても、妻や子どもを,文句なしにくつろがせてあげる人間的才覚がどうしても足りない。
そんな、残念無念だけの人生を歩かせないようにしなければ、ね。
うっとうしい顔つきばかり見せて、出すべき力も出せないような、そっぽばかり向く子どもに育ててはならない。

高校生あるい

そこが子育ての基本ですね素直に力を出す瞬間さえ積み重ねていけば、思いがけぬ適性や能力を、いつどこで評価されるとも限らない。子どもが幼児期のうちからの親のいらだちこそ、禁物、禁物
妹は男まさり、兄は女みたい小四の兄が、女の子のようにおとなしく、反対ならうれしいのに幼稚園の妹はまるで男の子みたいで先生に叱られてばかり。
男は男らしく、女は女らしく、と言うでしょう。
ところが、一見男らしい男が、大事なところで男らしくなく、男らしくない人のほうが芯のところで、まさに男だった、なんてことがあるのですよ。
長い目で見なければ、ね。
そんなに、子どものうちから早々と決めつけてはいけません。
ただかっこをつけるだけの男らしさなんか、見習う必要はないのですよ。
キッズダンス教室の進学の意欲

子供は親の後ろ姿を見て育つ

女の子を、やたら女らしく女らしくと考えるのも、もはや時代おくれかも知れませんしね。
いったい、なにが女らしさか。そういうことも、吟味し直してみれば、意外といい加減に考えていたということが、反省されるものでしてね男の子みたいで、叱られてばかりと書いていらっしゃるが、これはちょっと変ですね。
男の子みたいだと言っても、だから叱られてばかりというのは変で、男だって叱られてばかりとは限らない。男らしいとか女っぽいとかの問題ではなくて、単に粗雑だ、と言うべきではありませんか。男の粗雑さなら許す、ということも、今の時代では、あまり通らないのですよ。
なににしても反対に生まれてきたらよかったと親がなにげなく言うことば。これは不用意ですよ。

育児など家のためだけに生きてきて

あまり、こういうことばは口にしないほうがいい。特に子ども自身に聞こえるところでは。
これは幼い人達に、変な暗示を与えることばです。聞かせる必要なんかありませんねつい、こんなふうにしてしまいがちですが
男の子は、強くたくましくというのに、どうも見てくれのたくましさだけを誇りながら、精神的にはいまひとつたくましくないという男性が多くて、これは実は、母親の、男の子の子育てに問題があるのではないか、とつくづく思っています。
男の子は、つい甘やかして育ててしまう、ということがあるようですね。その分だけ、性には厳しくて、女の子には、どうやらどの母親も子育ての態度が辛口なのです。
反対に同女の子に厳しいのと同じように、男の子にも充分厳しいことが大切ですねただし、どのように、どの面で厳しくすべきかが問題です。
子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう

教育以後にいろいろある。

男は男の世界で勝負をするのだから、家の中のことは女が頑張ったらいい。
そういう考え方があったから、昔は、女親は、男の子のことは構わず、女の子に厳しかったのだと思います。
その結果、男は家でちやほやされる。
そんなふうだったんですね家の中の人間関係については、気にとめなくてもいいと、ところが、今では、男の社会というか、外の仕事の社会も、家庭の中のことも、一番の基本が人間関係を円満に解決するということに重きを置くようになって、内も外もあまり変わらなくなってきたのですね。
家をうまく切り回せない人は、きてしまっているのです。

      子どものとっちめの材料にはしないことですよ。
      母という存在
      子ども時代