「保育園」カテゴリーアーカイブ

教育改革という

母さんが貸してあげようか。

そうやって、いつまでも、泣きたくもないだろうにとまず、そう思ってやる。その次に、子どものもうひとつの心の現実をしっかりととらえてやるわけです。つまり、
どうしてだか、泣けてきて泣けてきて、たまらないのだなと。
どうですかこの二つのとらえ方。子どもの心の自然な共感でしょ。
子どもの心の、矛盾しあう二つの思い続けて書くと、こうですね。
そうやっていっまでも泣きたくもないだろうに、泣けてきて泣けてきてたまらない時には……で、この時にはのあと。
ふつう一般に、「こういう時は、そのあと、どう思ってやるかです。大事なのは。
こうしたらいい」と、問題状況に対しては、打開策とか、解決法とかを、示してやろうとしますよ、ねするとこういう場合も、解決策を考えてやるべきでしょうか。
私はそうは思わないのです。

  • 子供の運動会に行き
  • 子どもとひとり歩きしてしまっています。
  • 子どもはかなりの決意をして

練習をさせていました。解決策をさずけてもらって、うん、そうする、とうなずくほどにも、子どもの気持は安定していないのです。
必要なのは、気持の確認
なのですよ。
確認を深める。
それに尽きるのです。

情緒を共有してくれる大人の存在が欲しいのですね。
つまり分かってほしい
だから、こう言ってやる。
いつまでも、のですよ。
「そうやって、ねえ。
泣きたくはないのに、泣けてきて泣けてきてたまらない時には……。
そうやって、ねえ。
いつまでも、泣きたくはないのに、泣けてきて泣けてきてたまらないのだよ……。
そうなんだよなあ、ヒサシ」教育改革という

 

子どもスペー順番はもちろん整理が先収納は後です。

そう言うだけ言って、大人はさっさと自分の仕事。
これ、お分かりでしょうか。
この思いが、うまくこのとおり言えるなら、言ってやればいい。
うまく言えなければ、おなかの中で、そう思っておいてやればいい。
悲しい時は悲しみを超えるべきだなんて教えられるよりは、もっと直截なひと言でいい。
悲しい時は、悲しいねえ
ただし、ひけらかす皮肉などでなく、しっかりしみじみと深い共感で明るい時は、いつまでもその明るさを忘れないようにとかと言われるよりは、共に明るい顔をちょくせつこのほうが、分かってくれている
という実感が深まるのです。
してくれて、明るい時は明るいね
と言ってくれるほうが、明るさが深くなる。
そういうのが、より豊かな情緒の共有なのですね。
どうにも泣きやまない子に、ほんとに、一度、深々とゆとりをもって言ってあげてごらんなさいよ軽口、冗談、皮肉の調子では、
母さんのおなかにいるとき
先生が何と多いことであろうしっかりしたことば
「そうやって、いつまでも、ねえ。
絶対に逆効果になりますよ
泣きたくもないだろうに、ねえ。
泣けてきて泣けてきてたまらない時は、ねえ。
ほんとに泣きたくもないのに、さ。
ほんとに泣けてきて泣けてきて、たまらないのだよ、ねえ」
と。あくまでもまじめに深々とゆとりをもって、そう言ってやる子どもは、エ?と息をとめるでしょう。そして、今聞いたことばを反芻するでしょう。
子どもはもともと、ビービーだれが泣きたいものか。泣きたくなんかないのだと思う自分のはんすう自尊心を、認めてくれたようだ、と思って軽い驚きが生じてくるでしょう。
しかも、それにもかかわらず、事が意に反しているのが切なくて、どうしてだか泣けてきて泣けてきてたまらないというやりきれなさも、大人が知ってくれている、と知って、思わず息をのむでしょうなんだ!分かってくれているのだ
その時、どうでしよう。子どもの心が、知らず知らずのうちに明るく開いてくるのです。
泣き続けて、切なさを大人に分からせようとするもどかしさが、止めようと思っても、いくら止めようとしても湧き続けるその切なさと共に、ひとりでに消えてしまって。

 

子どもの存在の持つ意味は大きい。

アレ?
泣く理由がない。
子どもは、ふっとふっきれた軽やかさで、今まで泣いて泣いて泣き続けていたとはとても思えない明るい調子に、カラリと変わって、
あ、ジェット機!飛んでるよ!
と、空を指さしたりして。
天性の晴れやかさに戻っていたりするのですよ。

うん、カウンセリングでいう受容
とは、ただ単に言うことを聞いてなるほどうん、そうとうなずくというのではなく、ましてや、要求をことごとく聞き入れてやるというのでももちろんなくて、心の内の葛藤しあう思いの総体をいかに的確に確認してやるか、そして、それを確認し得ているということを、いかに本人に示しうるか、ということなのです。

子どもは愛で育つのだ愛

大人の責任を通し抜く
カウンセリングというのは、子どもを導く方法としては、どうもねえやたら分かってやることばかり、というのでは、大人が子どもの言いなりになるだけだから。
分かる、分かるとうなずいて、度量の広い、物分かりのいい大人になってやって、けじめもめりはりもないというんじゃ、導いているのじゃなくて、引きずり回されているだけではないですか。
もっと、大人は子どもにびしびしやっていかなきゃあと、こういう非難が、ほんとうのカウンセリングの原理に対しては、およそ見当はずれのものであるということが、以上で、少しお分かりいただけたでしょうか。
聞くという概念を、なんでも言うことを聞いて許してやるという意味での聞き入れると一緒くたにとらえているがために、カウンセリングに対しての大きな誤解が一般に多いのです。
大人はもちろん、子どもに対する責任を、通し抜かねばなりません。
親は、親としての。
教師は、教師としての。


教育改革という 高校そしてできれば 子供とは違いますよ。

子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう

母とよい父とについて考えてみましょう。

「だめと言われても、それが納得できない時は、むずかる気になるのが当然よ。あなたの気持、かる。どうしてもだめということが納得できるまでの、あなたの気持の大変さが分かる」
分これ、うまく言えないなら、ことばにせずに、おなかの中で、そう思ってやるのですよ。
おなかの中で、親がそうわめいてわめいて、子どもの心の耐えがたさを、一緒に共有してやるのです。親が、子どもに辛抱させようと思っているか、それとも、一緒に辛抱しようと思ってくれているかは、幼い子どもだって、親の後ろ姿からでも察するものでして、ねえさあ、おかあさんカウンセリング
は、実践場面では、どう展開されるでしょうか
実践篇各ケースで、おかあさんはどのように対応していけばよいでしょうか
子どもの能力が心配になったら-
発達の遅れ昼間、おばあちゃんにずっと見てもらってきたからでしょうか。

  • 子どももおそらく同様であろう。
  • 子どもにかまいすぎたりなんでも先回りをして
  • 学校も気づいていない。

子どもの時からの友だちってれているそうです。遅れを取り戻すには発達テストで心身の発達が1歳以上遅発達のテストで、1歳以上の遅れがあるのだとしても、そうと、親があせってはならないと思いますよ。
だからといって、今、急に遅れを取り戻親があせって、子どもの歩みの一足前に立ち、さっさと手を引っぱるので、子どもが引きずられて、自分の足で歩いていない、といったあせり方では、実質的には子どもの発育がますます遅れてしまいますねあくまで自分の足で一歩一歩着実に、という発達でなければなりません。子どもはふ

 

教育研究所の平尾美生子さんの紹介分析している例

幼稚園に入るまでは、家にいて、あまり多くの同年齢の子どもとの比較というのがなくて、少し遅れているのも気がつかなかった、ということでしょうか。
家にいて、おかあさんも働きに出ていて、おばあちゃんが、ずっと赤ちゃんのお守りというような形の延長で、四、五歳になるまで見てくれていて、近所にあまり遊ぶ友達もいなかった、というようなことなら、心も体も、生き生きした刺激でしっかり動くということがなかったのでしょう。
山を駆けめぐる。夏はしょっちゅうプール。絵を描くのでも、精いっぱいのボディペインティングなどで、心も体も鍛えているある郊外の保育園の五歳児たちは、肌黒々と、活気があって、もはや、幼児というより、児童というか子どもというか、いや、もっと言えば少年になりかかっている感じとでもいいましょうかそれに比べて、町の中の、園長をはじめとして、みなさんがおだやかでこまやか、という雰囲気の幼稚園では、園児がおしなべて、顔もぽっちゃり、手足も幼児っぽく、たとえば、ちょっと段差のあるところでも、すぐ両手をついて上がるといった幼さ。
子供と接触する時間
幼稚園でも言っているくらい
いかにも家の中でおっとり育った幼児達という感じですものね一人だけでお年寄りに見てもらって育つというのでなくて、集団生活の中で育つ場合でも、環境や考え方で、随分と違いが出てくるものです。
つい、こんなふうにしてしまいがちですが気がついて、急にあわてて、幼児自身がそれと感ずるほどのあせりで、するのは、つまり、子どもにしたら今の自分を猛烈にとがめられている、れてしまうことになりませんか早く遅れを取り戻そうとといった感じに追い込ま下手をしたら、子どもがすくんでしまいそう。

 

母親はそのことで注意

あるおかあさんは
なにもかも足りないだらけだと気がついて、三輪車をまず買ってやったのですが、でも園では、五歳児はもう自転車だよと教えられ、早速自転車も買って与えてるんですよ。ところが、三輪車も自転車も乗ろうとしないので……と、困り抜いた顔をしているので、私はおどろいて、こう言いました。
「ただ買ってきておいとくだけでは、にわかに子どもも自分からなんでもやりだすわけにはいかないですよ。よその子はみんな三輪車なんか卒業してんのよ、なんて、ことばでとがめられたりしたら、子どもはただ切なくなって、三輪車も自転車も見るのさえ、こわい、ということになってしまいかねないですよ。こまかく手順をふんで、徐々に慣れさせていくこと、ね」

子どもは図に乗ってあ

おかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうにカウンセリング的心がけとなにをするにしても、子どもの発達をしっかり支えるという意味で、いうものを忘れないように。
子どもの気持が、親自身の胸に響いているかなあ、と自分を打診しながら事をすすめることです
ね手を添える時には、さっさと、しっかり手を添えてやるのですよ。
三輪車に乗れないのは、まず三輪車というものになじんでいないのだから、離れたところから乗ってみなさい、なぜ乗ろうとしないのと声をかけてるだけでは気持がすくむだけです。
よしよし気にすることはない。私のするように、安心してまかせなさい。おもしろいんだから、愉しいんだからというように、母親がすっぽり包み込んでいる感じで、よっこらしょツと抱いてやって、三輪車にまたがらせてやって、ペダルに足を置いてやって、後からゆっくり押してやって、動くねえ。動くねえ。大丈夫。かあさんがついてるから大丈夫ぐらいに声を出して安心させてやって。すべてをのびのびと、おおらかに、ね。
歩かないのにまわりのものが後ろに動いて、でいた心がなじんでいく。


子どもはふ 母がもうひとつ偉かったと思う 教育改革という