「個性」タグアーカイブ

子育ては一回こっきりやり直しがききません。

母親は愕然とする!

父親はこどもをなぐった。
仕事もうまく切り回せない、という世の中に、だんだん変わってつい、男らしいとか、女らしいとか昔ながらの言い方をしてしまいがちですが、これからは、ほんとうに大事なのはなにか、ということを考えた場合、女みたいと言われるあなたのご長男を、みんなでそういう言い方をするのをやめて、新鮮な期待で見直してあげると、意外と人間関係の切り回しがうまかったりして、見どころがあるのではありませんかねえそっちの評価を変えると、妙なもので、妹のほうの幼稚園児も、相対的に様変わりして、ばり女の子は女の子だねえと言いたくなる女の優しさを見せるようになるものですよ
やっおかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうに
これからは、こんな言い方が一般的になるだろう、と思っているのです。
父親のほう

子どもの進路にどういう態度をとる
男だって、女だって、みんな人間として同じなんだと。そして、それに続いて、男は男なんだ。女は女なんだと。

それからまた、つまり、それは、制を設けて、これまでは男は男らしく、女は女らしくと言ったのですよ、ね。
とりもなおさず、男はこうであるべきだ、女はこうであるべきだという、はじめから規そのワクにはめこまれる、ということであったのです。
ところがみんな人間。そして、男は男、女は女という言い方だと、方でも自由に自己実現をはかることが最高だということですね人間として、どんなありそして、しかも、男は男のよさというものを自己実現として発揮するだろうし、女は女のよさを自己実現として発揮するだろう。そうであることが、充実した世の中であるということなのだ、と。
分かりきったことのようでも、しっかり確認しておかねばならぬことは、人間として、いかに同等でも、男はやっぱり男だし、女はやっぱり女だということです。

らしくはいらないのですよ。らしいのは、本物かどうか分からないでしょう。

母親自身があるい

金らしいものは、金のメッキでしかないかも知れないでしょう早い話が、男は子どもを産まない女は子どもを産む。決定的に違う。
的に違う。違う者同士、どちらもいなくては世の中が成り立たない。
生物的機能として、本質女は女の魅力いっぱい。
子どもを見守る寛容さと、男は男の魅力いっぱい。女が男にどんな魅力を期待するか。やはり女と大事な一瞬の、自分への厳しさ。これは変わらないでしょう。
読み書き今どき、文字の読み書きができないで就学する子はいないと聞いて、が、なにしろ勉強嫌いなもので、逃げてばかり。
大あわてで教えようとするのです情報社会といわれるとおり、昔とは格段に違って、今は頭の働きが要求される時代になりました。
教育をアピールした。

高校生になったら大幅に自由を認めています。

小さい子どもでも結構愉しんでやっているテレビゲームやラジコンのおもちゃなどを見てごらんなさい子ども達の記号やサインを読みとったり、反応したりする速さのなんとすばらしいこと!
私達古い世代には及びもつきません。
小学校の勉強などもずいぶん変わりました。
おっしゃるとおり、入学後の1学期全部をかけて、いろはの読み書きを丹念に教えるなどというかつてのやり方とはまったく違っています第一、子どもたちは、まずテレビという家の中で一番なじみやすい情報機器によって、音で、ことばや文字を叩きつけるように与えられています。
色と形と早い話、
おかあさんと一緒の時間ですよさとアナウンスがあって、おかあさんといっしょの文字タイトルが出れば、書かれてある文字をおかあさんといっしょと読むのだと、子どもはひとりでに分かっていくのですよね。

大学は成り立ちません。

昔は、お勉強という特別な世界の中に閉じ込められていた精神的な刺激物が、今では、日常の暮らしの中に、ふんだんにあふれかえっていて、子ども達もその渦の中で生活しているのです。だから、もう、読み書きそのものも、特別な勉強だとは思わないで、自然に遊びの中で慣れてしまうのだと、考えたほうがいいですねつい、こんなふうにしてしまいがちですがこりゃ大変だと大あわてに急いで文字を教えようとするのに、げてばかりだって?

なにしろ勉強嫌いなもので、逃あなた自身が、ベンキョウとアソビを区別しすぎてしまっていますよ。
ベンキョウという時、あなたの声も態度もおそらく随分こわばっているのでしょう。
アソビならどうでもいいこと、という考え方があなたの心のうちにひそんでいるから、ベンキョウという時、なおさら、こわばったいかめしい顔つきや声色になるのです、きっと。
すると子どもはその気配をいやがりますよね。
だいたい、まだ幼児のうちから、
勉強嫌いなものでとは、なんという先入観ですか。
子どもはふ

育ててきたんだ一生懸

勉強嫌いなのは、実は、わが子じゃなくて、子ども時代のあなた自身だったんじゃないのですか。
滅法嫌いだったから、わが子も絶対好きではないはずだって。
自分がそういう先入観で、ベンキョウということばをおそるおそるきりだせば、子どもだって、はじめから不自然なものはおもしろくないという気持で、ベンキョウをいやがりもするでしょうよ。
字を覚えたりするのは、ベンキョウだとは思わないで、滅法おもしろいアソビだと思ってしまってやりなさい。
パズルなどを愉しむのと変わりのないおかあさんカウンセリングで、たとえばこんなふうにカズオ。さあ、おベンキョウしなければいけませんと言えば逃げだそうとする子に、
カズオ。わー、うれしい。わたし、あんたに、あんたの好きな本を読んであげられるの。時間が今あるのよ!なにを読んでほしい?

      母さんには受けられる場合があります。
      子供に育ってほしいと思ったらまずお父さん
      母親はとくに専門家の助言が得られる場合を除いて