「子どもの私はいつとなく」タグアーカイブ

母がもうひとつ偉かったと思う

個性の面では互いに異なる。

また結局はノーの限界を、どこまで後退させるかなのだが……と身構えてしまう。

どうせノー
と禁止しても、子どもはやすやすとは納得しないので、すると、大人の発するイエスは、気がかりが前後にくっついて、歯切れの悪いイエスになる。また、大人の発するノーは、子が強硬に言い寄ったらいくらでも押し切れそうな、腰の弱い1になってしまうのですよねえ。
結果、大人の宣告するきまりやけじめは、こっちの出方次第でどうにでも変えられるのだ子どもがそうたかをくくってしまいます。
勝つか、負けるかなんだからなと。

  • 成長のうちだったということです。
  • 母親たちが何人か!
  • 子どものウソはつき放題でじゃあ

母さんたちにまずお伝えしたいことが二つあります。どこまでをよしとして、聞き入れてやろうかと親は迷い
どこまでをだめとして’言って聞かせるべきかと親は迷い聞き入れるか、言って聞かせるか。さあ、どっちか、どっちかといちいちのことで大人がどぎまぎしてしまえば、これは、あくまで許容するかしないかのどぎまぎですね。受容とは遠くへだたってしまっているのです。受容とは、そんなものじゃな受容を、しっかりやり通そうとするのであれば、まずいさぎよいイエスと、いさぎよいノーがいるのですね。子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう

 

父親のアドバイスは必要である。

そして大事なのはイエスのあと、スーのあと、なのですよイエスを大人がいさぎよく宣告して、子どもがそれを喜ぶなら、大人も、共に喜ぶ。
子どもがノーと言われて残念がるなら、子どもと共に、大人もしっかり残念がるのです。
これが、なかなかできないことですね。ここ、お分かりになりますか子どもが残念がる時、大人は、少しでも早くだめなものはだめと納得させてやりたいとか、気を晴らさせてやるにはどうしたものかと、気をやきもきさせてしまうのですね
いくらだめと言われたって、がまんできなーい!
母さんの取り上げ
母親が脇にいるだけ
と、子どもが駄々をこねたら、それを取り押さえよう、鎮めようとは、あせらないで、腹でしっかり、がまんできないでいる子どもと一緒の気持になって、がまんできないのを、一緒にがまんし抜いてやろうと努めるのですよ。だから泣いたって、どうしようもないでしょうがァ!
といらだつのではなく、かといって、
ふん。泣きたけりゃ泣きなさいよ!
といらいらを隠してうそぶくのでもなく、胸の内で焼ける思いでこう思ってやる。
泣きたくもないだろうに、残念さを超えるまでは泣けて泣けてたまらないのよねえ。
続く限り、こちらも耐えて、残念さを分かっておいてやろう。時間だよー!待つよ
その辛さがと思っていてやるのですよ。
がまんさせようと努めるのでなく、大人も自分ががまんし抜くのだと努めるのですおまえと一緒にがまんし抜くよという大人のハラ構えが、次第次第に子どもの心の底にしみて
届いたら、いくのだ、そこでこそ子どもの心にも、しっかりしたハラ構えが湧いてくる。

 

子どものほうから離れていきます。

人生は一緒に越えてというハラ構え。勝つか負けるかでなくて、一緒に勝つ。これこそが受容です。
共に負け、共に勝つ考え方、とらえ方としては、たとえば、子が得をするととらえる。
親がいらないと思うものを、子どもに無理やり買わせられたら、親が損をして、これはおかしいのですよ。
親と子が、勝つか負けるかの対立だと力んでしまうのが大きな間違いです。
かといって、親がおおらかになんでも気軽にあしらうと、子どもはペット同然に弱くなる。
一方が正で0なら、片方が必ず邪でなんて、世の中をそう簡単に色分けするわけにはいかないし、親と子はいつだって対立しあうものだなんて考えるのが、間違いです。

子どもは自分の人生を歩み

とりあえずの判断が、親子一緒に分かりあえたら、親子一緒にとりあえ-oととらえなきゃ。
親の分別が、子どもに伝わらず、親子納得しあえず、気持がバラバラな時には、バラバラなことが、先々の暮らしにいい向きには働かないだろう、と親が残念がるので、残念。まあいわば、どちらも×というわけではありませんか。
これでは親が残念、子もどちらが勝つか負けるかではなくて、大事なポイントでは、いつも、親子が一緒に勝つか、一緒に負けるか、だと考えるべきだというわけです。子に負けまいとする意地汚なさはよしなさい。
親が0で、子も。。親がなら子も.そうとらえたほうがいい、ということが随分あるのですよ。対立でなく、共感です。
いつも勝ち負けの対立ではなくて、親が勝つ時、子も勝つ。子が負けなら親も負け。
そう考えたほうが、一緒に前を向いて歩いていきやすい、というものです。


子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょう 子どもはふ 大学進学の意欲はまったく