「才能」タグアーカイブ

子どもになってしまう。

子どもたちにもこんなにたくさんの不便があります。

三十歳で得た判断を、五歳の知力ですべて理解できるはずがない分からない!と子どもが言えば、それがゆるがせにできない大事なことならば「分からないのは無理もない。君も三十歳になれば、今の私の判断が理解できる。今は分からないまま、親の厳命に従いなさい!」と、文字どおり厳命して、親の判断で事を済まさせねばならないのです。
はすカなし!
でなきゃ、五歳の人生案内で、三十歳があとをのこのこついて行って、つまらない人生の迷路の中で、親子ともども途方に暮れる、といったことになるのではありませんか。
親の役割として、大事な判断は、即断即行。
ただし、子どものとまどいや不審が、どのレベルのものかを、即断即行の中で、しっかり把握しておいてやる。
ここが大事なおかあさんカウンセリングです。
このとまどいや不審を子どものレベルでちゃんと分かっておいてやっているよというサインを、的確に子どもに示すということが、おかあさんカウンセリングの一番のポイントです。

「わ、わ、わ。今おまえが、自分でそれをしたいのに、かあさんもう時間がないから、待ってあげられない。だからだめ。さあ、のいてのいて。
残念だね、タカユキ。今度ゆとりのあるとき、自分でとことんさせてあげる!
残念だねーツ、タカユキ!」
自分の気持を深く察してくれていると分かった途端に、子どもがさっと寛容さを示し
いいよ、ママ。
ありがとう!
時間がないんだから、早くしなよ。
ね!

親も子も、目がきらきら輝きあって。TPOの一瞬一瞬が、生きてなきゃぁ!
だれにもなれなれしい通りがかりの他人にも見さかいなくじゃれついて困ります。
ないでしょうが、気になりますまさか誘拐など、そうざらにあるものでは今、私は、以前の仕事での、いろんな場面を思い出します。

子どもは貯金をすることが好きになります。


子供が騒ぎ回っていることがしばしばあります。

里親さん達が、に受け入れた時、お互いにこんなことを話し合うのが常なのですよね新しく子どもを家庭里親とは、児童福祉法上の里親制度に基づいて子どもを育てる家庭、つまり、なんらかの事情のために親が育てられなくて、親元から離れた子どもを、児童相談所の責任で預かってもらい、育てていただく家庭のことです。
里親同士の集まりなどで、みなさんよくこんな話をしておられた「ヤマダさんのところへ今度来たハルミちゃんは、まだまだはじめて来た感じねえ。
ヤマダさん、気苦労が今大変でしょうね。
それに比べると、ハルイさんちのケンちゃん。去年の集まりの時と随分変わっちゃつたもの。

子どもにぶつけ

去年の会では、だれにでもベタベタとくっついていって、みんなに構ってもらって、得々としていたものね」
「そうですねぇ。落ち着くまでは大変だわね。ご馳走にたかって飛び回るハエみたいに、なんだかふわふわして、心の芯がどこにもない、という感じの子って、いるわねえ」
「暮らしの中の積み重ねって、こわいみたいね。それが次第に落ち着くのですね」
ほんとに、こわいほどですね。子どもって正直なものね
生活が落ち着くと、目元、口元がきりりと締まってきて、節度のとれた距離がちゃんと保てるのです。
他人との間に、不用意に入りこまない人なっつこい、というのと、だれにもなれなれしいというのとは違うでしょう。
どうも、実の親であり子であるという場合にも、はじめての人に変になれなれしいという場合があって、率直に言えば、そういうのは、日常、家の人が、きちんと子どもの気持を受けとめてやっていないために、ついそうなってしまう、というようなことがありますね。


子どもにぜいたくをさせている場合が多いのです。

子どもたちに関心を持たせる授業をする

気持を受けとめてやっていてこそ、子どもの心に、きちんと芯ができるのですね。
それがついできていなくて、ふわふわとまとまりがない。そういうことがあるのですよ。
つい、こんなふうにしてしまいがちですが子どもが、111人いて、第一子は親達が不安と好奇心と緊張で、つい構い過ぎて、神経過敏の内向ついそちらに親の目型になっている。一番下の子は、あとにもういないからいっまでも末っ子で、がいくから、かわいがってもらっている者の自信というものがある。
第二子は、なんとなく構わないうちに、いつか大きくなっていた。
気がついたら、だいたい自分でなんとかやっている、といった感じなので、真ん中の子は放っといても大丈夫という思い込みが、いつしか親のほうにできてしまっている。

先生を恨むといったことになりがちなのです。


成績よくないんじゃないの?

で、そういう子が、通りがかりの大人に、見さかいなくなれなれしくじゃれついたりしていると平生構わない親が、見とがめて、そういう時には、割合容赦なくずけずけしい非難を浴びせるのですねタケノブ。おまえ変だぞ。さっきのあのおじさん、知ってるのかい

ええ?べつにイ!
「はじめて会った人なのに、抱きついていったりして。もし悪い人で、誘拐犯人だったりしたらどうするんだよ」
子どもは、なんのことを言われているのかが、まるで呑み込めないに違いありません。
どうもこの子はふらふらしてて困るよ。もっとしっかりしろ
と、非難や、ひょっとすると心ない嘲笑を頭から浴びせかけられると、これは子どもが面喰らっ
てうろたえるのが当然です。
むしろかえって、自分はそういう子だと思い込みます。
親自身がうっかりしていて、子どもをちゃんと見てきてやらなかったきらいがあるので、むしろ親の反省すべきことであるのに、その自覚をまったく持たずに、子どもをもろに中傷するのでは子どもは、ただ悪いラベルを貼られた気になってしまいます。学校では相当に苦しい思いを味わったとして

  • 子どもたちは親に少しの心配もかけず
  • 父親が最初の異性ということになります。
  • 子供が欲しいと言


学校では相当に苦しい思いを味わったとして 子どもになってしまう。 指導してくれる